激安風俗店の仕組み

激安戦国時代

今日本にはさまざまな風俗店がありますが、その中でも激安風俗店の勢いが増しています。
激安店でなくても平日の昼間は通常料金よりかなり安かったりとこぞってその競争に参加しています。

わざわざ安い料金設定にしているのは少しでも多くの顧客を獲得する目的や
安い時間帯に利用していただき、次に続くリピーター獲得も視野にいれていると思われます。

鹿児島で大人気のデリヘルサイトでも、ぞくぞくと激安店がオープンしています。
地域によると思いますが60分で10,000円もいかないお店がほとんどです。

そこでちょっとした疑問が出てきます。
何故激安店はかなり安い料金設定で経営することができるのでしょうか
安い料金の裏には何があるのか気になりませんか?

今回はなぜその料金設定にできるのか誰も知らなかった謎に迫りたいと思います。

安さの裏には・・・

単刀直入に申し上げますと、女性のレベルとシステムにあります。
激安店で働く女性は申し訳ありませんが、カワイイと思える人があまりいません。
普通の店で採用してもらえないような容姿の人やかなり高齢の人、そういった人が在籍しています。

さらに通常デリヘルなど女性の顔がわからない風俗は、自分の相手をする女性を変えてもらうための「キャンセル」というシステムがあります。
ですが、激安店ではキャンセル自体ができない場合がほとんどです。
そう、「女性の自信ありませんが安くで抜くことができますよ。」
これが激安店の仕組みなんです

デリヘル好きの方なら当然の情報かもしれませんが、激安店に女性の質を求めてはいけないんです!
女性にこだわるなら決して激安店を利用してはいけません。

激安店をつかうとき

そんなんで激安店を使う意味ある?と思うようなマイナスな面だけをご紹介しましたが、重要はあるんです。
激安店は少しでも料金を安く見せるためなのか通常ではあまりみかけない
30分、40分などショートタイムを設けているお店が多くみられます。

時間がないけどとにかく抜きたい!
さきほども申し上げた通り、女性はこだわらないから抜いて欲しい!など
とにかくすぐスッキリしたいときに利用するのが激安店なんです。

使うも使わないもあなた次第!
今後のデリヘル選びに参考にしてみてはいかがですか?