なぜ?ぽっちゃりなのに貧乳!

ぽっちゃりといったら巨乳

ぽっちゃり好きの人は高確率で巨乳が好きだと思う
だがこんな人を聞いたことがないだろうか…『ぽっちゃりなのに貧乳』

世間の意見では
「ぽっちゃりなのに貧乳って需要ある?」
「ガリ=貧乳はわかるがデブ=貧乳は理解できない」
「おデブで貧乳っていいとこナシ!ガリで貧乳の方がよっぽどいい!」
など否定的な意見が多く、実際に体重はあるのに貧乳で困っているという女性も多くいらっしゃいます。

胸のほとんどが脂肪でできているはずなのに!人一倍脂肪が多いはずなのに!
何故ぽっちゃりなのに貧乳という現象が起きてしまうのでしょうか
その謎を解明していきましょう!

おっぱいの仕組み

そもそもおっぱいは女性の成長につれ大きくなるもの
その人の骨格や脂肪量、筋肉量や比率や遺伝によって形・大きさに個人差がでるものです。
ですが自然な胸の成長を促すのに1番重要なのが『女性ホルモンの動きが正常であること』なんです!
女性ホルモンが正常な働きをしていなければ、自然と膨らむおっぱいの成長が少ない・ないに繋がってしまうんです。
おそらくぽっちゃりで貧乳の人は正常なおっぱいの成長を自分の不摂生で止めてしまったのではないかと考えらえます

健康な食生活、適度な運動を行っていれば適度におっぱいは膨らむはずなんです。
そう!『不健康=貧乳』になる可能性が大ということは自業自得ということなんですね~

カップの図り方

さらに貧乳の人は胴回りに異常な脂肪がついてしまっている可能性があります。
女性のカップ数はアンダーと言われる下乳の付け根と乳首の先端の差でカップ数が決まります。
元々胴回りは細く、乳首との差もあるはずなのに胴回りの肉のせいでおっぱいが埋もれ貧乳になってしまっているという可能性もある!ということですね!

「じゃぁ痩せればおっぱいが出てくるかも!」と考えがちですがおっぱいは元々脂肪
痩せればその分減ってしまうことも十分あり得ます
ダイエットしたらおっぱいも減っちゃった~とはこのことです。

ぽっちゃりに限らず貧乳でお悩みの方
胴回りのダイエットや規則正しい食生活の見直し、適度な運動や乳腺のマッサージでもしかしたら!
巨乳も夢じゃないかもしれませんよ?